見出し画像

トラウマ怪人トンカラトンの誕生/吉田悠軌・怪談解題

平成初頭、日本じゅうの子どもたちを震え上がらせた包帯怪人「トンカラトン」。鮮烈なデビューから30年を経て今では都市伝説の定番にもなったが、その発祥は謎に包まれている。
今回、オカルト探偵は秘密のカギを握る人物に接触! 怪人誕生の歴史に迫った。

文=吉田悠軌 #怪談解題

画像10

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の一枚は2020年9月15日に開催された「ムーミクサ」イベントでの一枚。

全身包帯に日本刀……謎の怪人トンカラトン

 若者たちに「幼少時代の怖かった思い出」を訊ねると、たびたび出てくる名前がある。平成初期に子ども時代を過ごした世代なら聞き覚えがあるだろう、あの怪人の名前だ。

「トンカラトン……が、いちばん怖かったですね」

 トンカラトン。
 全身が包帯姿の怪人で、日本刀を背負い、自転車に乗りながら「トン、トン、トンカラトン」と歌いながらやってくる。逃げてもすぐに追いつかれ、「トンカラトンといえ」と指示してくるので、その通りにすれば助かる。しかし「トンカラトン」といわないか、または指示される前に「トンカラトン」と口にすれば、日本刀で斬りつけられてしまう。斬られたものは、どこからか現れた包帯に巻かれ、また新たなトンカラトンに生まれ変わってしまうらしい……。
 強烈なキャラクター造形と、従わなければ子どもたちをトンカラトンにしてしまう不条理性。夕暮れの道の向こうから、包帯男の自転車がやってくるのではないか……。怪人トンカラトンは平成の子どもたちに、大人になっても忘れられないような恐怖を植えつけた。

この続きをみるには

この続き: 4,084文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。