<重要なお知らせ>新ウェブサイト「ムー・ウェブ」と今後の「ムーPLUS」更新について
見出し画像

<重要なお知らせ>新ウェブサイト「ムー・ウェブ」と今後の「ムーPLUS」更新について

ムーPLUS

「ムーPLUS」の中の人です。
2022年の年始、「ムー」の創刊500号記念について、本当にさらっとお知らせしました。

さらに先日、2022年7月9日の「501号の発売日」に実施するオンラインイベント「ムー民感謝祭」についてもお知らせしました。

「ムー500号」記念に関連して、もうひとつ、大きなお知らせがあります。

ここ、noteでの「ムーPLUS」を拠点に、ムー公式情報や超常現象ニュースを発信してきましたが、「500号」の節目に、新しいムーのウェブサイトを開設することになりました。
「ムー・ウェブ」という、そのまんまの名前で、8月にオープン予定です。目下、技術班が作業中!
お楽しみに!

ーーというだけでは、いくつか疑問や不安が浮かぶと思いますので、順にご説明します。

新サイト「ムー・ウェブ」ってどんなの?

「ムー・ウェブ」は新しい「ムーの公式サイト」となります。
超常現象についての記事のほか、ムー編集部の活動やさまざまな関係を幅広く、多様な形でお伝えする場所となります。少し具体的に構想を言えば、読み物としてのムーのほか、動画を組み合わせた発信が増えていく予定です。

月刊ムーと一部記事は共有しますが、独自コンテンツがメインになります。無料で公開して楽しんでいただく「ムー・ウェブ」と、紙でも電子でも有料でみなさんにお届けする「月刊ムー」で、兄弟、姉妹のような関係性ですね。

今の「ムーPLUS」はどうなるの?

記事投稿、更新について

新サイトが開設されるまで、ムーPLUSで情報発信、記事公開していきますが……頻度は下がります。また、新サイトが開設されてからは、基本的に「ムーPLUS」の更新はありません。一部の記事は新サイト「ムー・ウェブ」に引っ越し、転載します。

現在の「ムーPLUS」について

確定で2022年内、目安としては2023年いっぱいまで、noteでの「ムーPLUS」は残ります。ただ2023年2月以降は記事URLが「muplus.jp」から「note.com/muplus」になります。note内のリンクはリダイレクトされますが、note外部にあるリンクは迷子になります。お手数おかけします。

有料マガジン「ムーCLUB」の購読について

ムーPLUSのメインコンテンツは有料マガジンの「ムーCLUB」です。
まず、今後は有料の新規記事配信は基本的にありません。「ムーCLUB」マガジンの新規記事も全文公開のものになります。

さらに、8月の新サイト開設以降は「定期購読マガジン」の更新自体がなくなります。定期購読マガジンとしては廃刊になるのですが、読者のみなさんが購読している期間中に配信された記事は、noteの「ムーPLUS」があるかぎり、読みつづけることができます。

定期購読読者の方:新規の有料記事は追加されませんので、読みたい記事を読んだら、退会していただいてかまいません。購読期間に配信された記事はいつでも読み返すことができます。
新規で購読を検討中の方:定期購読ではなく、記事個別で「購入」をおすすめします。

*「定期購読マガジン」についてはnote公式Q&Aもご参照ください。


というわけで

noteで「ムーPLUS」を更新するようになって、2年半。月刊ムーという紙媒体とは異なる読み手のみなさんに「ムー」をお届けする環境は、新鮮で貴重な場でした。ですが、いくつもの事情により、「ムーのウェブサイト」は新しい場所へ移ります。
新サイト「ムー・ウェブ」開設までの間、引き続き「ムーPLUS」をお楽しみください。

よろしくお願いいたします。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。