見出し画像

102号室は事故物件/西浦和也・裏話怪談

春といえば、引っ越しの季節。新生活に期待をふくらませる前に、ちょっとだけ注意をしてみよう。その新居、どこか奇妙なところはないですか……?

文=西浦和也 #裏話怪談  イラストレーション=北原功士

102号室

 昨年、亀梨和也主演の『事故物件 恐い間取り』という映画がヒットし、「事故物件」という言葉が一般的に広まった。
 そもそも事故物件とは、事故、殺人、自殺だけでなく、火や水周り、近隣問題などさまざまなトラブルを抱えた物件を指す言葉だ。実際、建物の中で居住者が死ぬ案件は、都内だけでも年間2万件以上あり、単純に事故物件と呼ばれる物件は増えている。当然そのすべてに幽霊が出るわけではない。

 この話を話してくれたAさんは、北九州で長年不動産業を営んでいる。不思議と事故物件と遭遇することは多いものの、大きなトラブルには会わず、ここまでやってきたという。
「あの〜、隣の部屋がかなり臭いんですけど」
 昨年5月、彼の会社を通して部屋を借りている男性から、苦情電話があった。オーナーは年配の女性で近所に住んでいないうえ、あまり体の自由がきかないということで、代わりに彼が現地へ向かうことになった。

 建物は木造2階建てのアパートで、1階、2階に各5部屋、合計10部屋に、それぞれ隣の土地に駐車場が付いている。
 到着すると、電話をくれた101号室と103号室の男性ふたりが、ドアの前で待っていた。
「何日か前からなんとなく臭かったんですけどね、最近すごい臭いがするんだよね」
 そういってふたりは揃って102号室のドアを指さす。
 確かにひどいにおいで、建物に入る前からにおっている。
「わかりました。ちょっと待っていてください」
 そういってAさんは合鍵を取り出すと、やってきた警察官立ち会いのもと、部屋のなかへと入った。

この続きをみるには

この続き: 1,493文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
9
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。