ナチスが発見した異形の頭骨「アーネンエルベの異星人骨」の謎/並木伸一郎
見出し画像

ナチスが発見した異形の頭骨「アーネンエルベの異星人骨」の謎/並木伸一郎

ナチスが発見した異形の頭蓋骨は、惑星ニビルから飛来したアヌンナキのものだった?
ロシアで発見されたふたつの無気味な形状の頭骨。発見されたコーカサス地方は、故ゼカリア・シッチンが指摘した、「異星人アヌンナキの聖地」である。ナチスが秘匿していた謎の頭骨は、アヌンナキの亡骸なのだろうか?

文=並木伸一郎

画像9

アーネンエルベの異星人骨。顎がなく大きい眼窩が特徴的である。

コーカサスで発見されたナチスの遺産

 2021年5月9日、ロシア各地で大規模軍事パレードが行われた。76年前、ナチス・ドイツが無条件降伏し、戦勝国となった記念すべき1日を祝うべく、赤の広場では大陸弾道ミサイルや戦車とともに1万2000の軍人が行進し、戦闘機は航空パレードを繰り広げた。
 だが、終戦の日を迎えるまで、犠牲者の数が3000万人を超え、人類史上最悪とされる独ソ戦は4年も続いた。周知の通り、ドイツとソ連は不可侵条約を締結していた。そして開戦当時、ヨーロッパやアフリカにおけるナチスの支配力は決して盤石ではなかった。
 にもかかわらず、ナチスはソ連に進軍した。いったいなぜか?
 史実的にはドイツの生存圏拡大のための戦争とされているが、実際にはそれ以外に重大な目的があった可能性が高い。なぜならば、ナチスの親衛隊は広大なソ連領に眠る秘宝や古代遺跡、自然放射能に並々ならぬ興味を示していた。
 とりわけ自治州アディゲ共和国に連なるコーカサス山脈に固執し、この地に先鋭的な研究組織「アーネンエルベ」の拠点を置いていたのだ。
 はたして、彼らは凍てついたソ連の地で何をしようとしていたのか?
 実は、その謎を解く鍵となりうる謎めいたナチスの“遺産”が発見されている。「アーネンエルベの異星人骨」だ。

この続きをみるには

この続き: 2,841文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。