見出し画像

元航空自衛隊パイロット船附昇のUFO遭遇告白/グレゴリー・サリバン

もっとも多くUFOと遭遇する人々——それが飛行機を操るパイロットだ。
彼らは実際にどのような体験をし、どのようにそれを理解しているのか? 貴重な証言をここにお届けしよう。

文=グレゴリー・サリバン

情報公開の必要性とパイロットの体験

 はじめに、ディスクロージャー・ジャパンについて説明しておこう。
 ディスクロージャーとは、情報開示を求める活動のことだ。
 これまで長い間、UFO・ETとの遭遇体験、フリーエネルギーや反重力推進技術などについての情報は、闇の勢力によって隠蔽されてきた。われわれはそうした情報の全面的な公開、すなわちディスクロージャーを求め、問題の本質を解き明かし、地球の危機を救うために人類に行動を促すことを目的としている。

 筆者が代表を務めるJCETI(日本地球外知的生命体センター)は、このディスクロージャーを大きな柱として、日本で10年間、活動を続けてきた。
 たとえば地球上のさまざまな問題において、「われわれはすでに、すべてを解決する技術を手にしている」といったら、読者はどう思うだろうか? これは妄言や想像ではない。現実である。
 問題は、日本がディスクロジャー後進国といわれても仕方がないほど、その認知度が低いということにある。
 だがその一方で、さまざまなUFO情報を発信しつづける人たちもいる。

002 佐藤守 

元航空自衛隊の空将で、パイロットが遭遇したUFOに関する複数の著作ももつ、軍事評論家の佐藤守氏。

 たとえば、『実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』(講談社)といった著書をもつ、元航空自衛隊空将の佐藤守氏などはその代表だ。
 実際、パイロットがUFOに遭遇する機会は多く、しかも彼らは空のプロなので、証言の信憑性もきわめて高い。

 そこで今回は、やはりUFO目撃体験をもつ、元航空自衛官の船附昇(ふなつきのぼる)氏にお話を伺った。ベテランパイロットの貴重なインタビューである。

画像1

今回、UFO目撃に関する貴重なお話をうかがった元航空自衛官の船附昇(ふなつきのぼる)氏。空のプロだけに、その証言はきわめて客観的で冷静だ。

6万フィート上空を高速で飛行するUFO

この続きをみるには

この続き: 4,673文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。