チリ、メキシコで発生! 最新チュパカブラ事件の恐怖/遠野そら・MYSTERY PRESS
見出し画像

チリ、メキシコで発生! 最新チュパカブラ事件の恐怖/遠野そら・MYSTERY PRESS

家畜の血を吸うUMA、チュパカブラの出現が相次いでいる。なかなか姿を見せない謎のモンスターは、その生息域を静かに広げているのだ。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

チリで新たなチュパカブラ被害

 カリブ海に浮かぶ島・プエルトリコでUMA「チュパカブラ」の被害報告が相次いだのは、今から約25年前のこと。被害にあった家畜の死体は、鋭い牙が刺さったような穴があけられており、そこから体内の血液だけが抜き取られていた。四国の約半分というこの小さい島で、ヤギ、ヒツジ、牛、ウサギ、犬、鶏、ガチョウなど、約1000頭を超える家畜がチュパカブラの餌食になったと言われている。その後も、世界各地でチュパカブラの仕業と思われる事件が多発したが、その正体はいまだ謎のままである。

関連記事:ムーペディア「チュパカブラ」

 しかし、ここにきて急激にチュパカブラの活動が活発化しているようだ。

 2021年1月チリ。ボリビアの国境近くにあるコルチャネ地方自治体で、ラマやアルパカといった家畜が立て続けに殺され、ついにはチリ農業省・農業牧畜局(SAG)が調査に乗り出した。
 その村では約3ヶ月の間に50頭以上もの家畜が被害にあっており、事態を重く見た自治体長が専門家に調査を依頼。すると、被害にあった家畜は、胸の高さに2つの穴があけられており、そこから血を吸われていたことが明らかになったのだ。死体を検分した獣医によると、内臓や肉はすべて残されていたことから、周囲に生息している野生動物によるものではない、と断言している。さらに噛み跡と思われる2つの傷穴から、家畜を襲ったのは“顎が小さく、非常に発達した牙が前方に生えている動物”であると推測されているが、既知の動物と噛み跡がまったく一致しないそうだ。

 肉や内臓には手を付けず、生き血だけを吸うーー。
 現在もSAGによる詳しい調査が進められているが、周辺住民らは「チュパカブラが現れたのではないか」と今なお戦々恐々とした日々を過ごしているという。

メキシコのチュパカブラ事件に呪術の影響が?

この続きをみるには

この続き: 647文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。