月面に大規模な人工的掘削跡を発見! パラケルススCクレーターの地下通路/並木伸一郎
見出し画像

月面に大規模な人工的掘削跡を発見! パラケルススCクレーターの地下通路/並木伸一郎

地球外生命探査「SETI」関連のグループが、月の裏側に存在する異常構造についての検証レポートを発表した。詳細に分析された異常構造は、
なんと月内部への出入り口だったのだ!!

文=並木伸一郎

画像4

フランシス・リッジが発見した月の裏側にある異常構造。LROとアポロ15号の同じ画像で検証を行う。

月の裏側に存在する異常構造の解析

 1960年代に開始された地球外知的生命体探査「SETI」は、今日まで継続されているが、肝心な物証を提出できないでいる。
 SETI計画の初期、アメリカの天文学者のカール・セーガン(1934〜1996)は、生前に地球外生命体来訪の可能性について次のように語っていた。
「過去の来訪を示唆する遺物がいまだに存在する可能性を踏まえて考えるべきだ。探査行動を継続するため、基地的な機能を備えた遺物が太陽系内のどこかに残され、維持されている可能性がある。風化作用と干渉、そして他種に発見される可能性から、こうした遺物を地球上に建設することは望ましくなかったはずだ。建設地として月を選ぶのは理に適っているといえるだろう。探査機が送信してくる高解像度画像、特に月の裏側を写したものに何かあるかもしれない」

この続きをみるには

この続き: 2,502文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。