見出し画像

ムー2022年2月号のカバーアート/zalartworks

ムーPLUS

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。

 今月の総力特集は「究極理論宇宙プロミング説」、この世界はシミュレーションなのか?というものです。理論上高度な計算能力を持つコンピュータを使えば、全宇宙をシミュレーションすることができるだろうと言われているそうなのですが、まずはそれだけのコンピュータを稼働させるエネルギーが必要になるようです。

 ロバート・J・ブラッドベリーによって考案された、ダイソン球によって構成される巨大な計算能力を持つ仮想のメガストラクチャー、「マトリョーシカ・ブレイン」という概念がありまして、ダイソン球は恒星を殻の様に構造物で覆って恒星の発するエネルギーの全てを利用可能にする仮説上の人工構造物なのですが、マトリョーシカブレインはそのダイソン球のエネルギーを使用してコンピュータシステムを駆動するというものだそうです。

 そんなマトリョーシカブレインを使ったシミュレーションの世界をイメージして今回のモチーフを選んでみました。


★zalartworksさんのnoteはこちら。

★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。