見出し画像

呪術発動!? 150年前の家屋跡から“魔女の瓶“が発見された!/遠野そら・MYSTERY PRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、ニューオーリンズの発掘マニアが発見してしまった“魔女の瓶“について。呪いのアイテムなのか、それとも……?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

人体の一部を用いた“魔女の瓶“

「もしかしたらブードゥーの儀式で使われていた“ウイッチ・ボトル(魔女の瓶)“を見つけたかもしれない」

 ある男性がFacebookで公開した謎の瓶が話題になっている。その“ウィッチ・ボトル“とは、古い家屋を取り壊さした跡地で見つかったもので、ニューオーリンズの地元新聞でも大々的に取り上げられた。

 長さ1.5mほどの細い棒を地中に刺し、「カチッ」と手ごたえがあった場所を掘ってみるーー。米ルイジアナ州ニューオーリンズ在住のシェーン・ミアーズ氏の趣味はそんな発掘作業である。特に南北戦争の舞台となったこの地域では、砲弾や馬車の部品など歴史の面影が発掘されることもあり、毎回タイムカプセルを開ける時のようにわくわくしているそうだ。

「だが、今回ばかりはちょっと気味が悪いかな」とミアーズ氏。

 ある日、いつものように趣味の発掘作業にいそしんでいると、なんとも不気味な瓶が出てきたのだ。そこはつい最近、約150年前に建築された建物が壊されたばかりの場所。発見された瓶もそれ相応に古く、中には濁った水とーー人間の歯や毛髪、ハサミムシのようなものが入っていた。

 ミアーズ氏は最初、子供の歯が丈夫に育つための“おまじない”の一種かと思っていたそうだが、よくよく見ると、歯は完全に大人のもの。しかも液体には尿が混ざっていた。
 あまりにもグロテスクな中身に気味が悪くなったミアーズ氏は中身をネットで検索すると、これは「ウィッチ・ボトル(魔女の瓶)」である可能性が高いことがわかったのだ。

呪いのアイテムかお守りか?

 ウイッチ・ボトルとは本来、呪いから自分を守るために作られるもの。絶対に人に見られてはいけない呪術だ。そこで、誰にも見つからないような建物の壁の中や、地中などに埋めて密かに保管されるという。

 ニューオーリンズはブードゥーのほか、吸血鬼、魔女、呪いといった民間信仰や独自の呪術が色濃く残っている地域である。このことから、ミアーズ氏はこの瓶の正体について「ブードゥーや何らかの呪いの儀式で使用されたものではないか」と推測しているのだ。

 ミアーズ氏のFacebookには、この瓶の正体を解き明かそうと2002年8月の時点で8300を超えるコメントが寄せられている。
「呪われる!」「今すぐ元の場所に戻して!」というものが大半だが、ブードゥーに詳しい専門家によると、「ブードゥ教信者の中には一種のお守りとして大切なものを壺や瓶を持ち歩く人もいるため一概に呪いとは断定できない」といった冷静な意見も寄せられている。

 呪いなのか、呪い除けの術具なのか、もしくはお守りなのか。だが、今回発見された瓶の中身には、尿まで入っているのだ。私だったらお守りとして持ち歩くには少し勇気がいるが、人の価値観は様々である。
 この瓶の正体についてはまだ調査が必要なようだが、シアーズ氏の無事を含め今後の続報を待ちたい。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 277本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*