メタ都市伝説「鮫島事件」の誕生と増幅/吉田悠軌・オカルト探偵
見出し画像

メタ都市伝説「鮫島事件」の誕生と増幅/吉田悠軌・オカルト探偵

伝説、怪談、怪奇事件……この世のあらゆる謎に迫る「オカルト探偵」が新装開店。リニューアル第1回は、伝説のネットロアとして語り継がれる「鮫島事件」の真相を追う。2020年の世界状況にもシンクロする、ネットが生んだ「語ってはならない話」とは?

文=吉田悠軌 #オカルト探偵

画像1

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の近況写真は「鮫島事件」を追うスタイルにて。

ゼロ年代ネット伝説「鮫島事件」とは

 ここ最近、日本のホラー映画界がまた活気づいてきたようだ。『リング』でJホラーを日本中に知らしめた中田秀夫監督だが、近年はJホラー表現とも一線を画す「恐ポップ」を提唱。『事故物件 恐い間取り』、TVドラマ『恐怖新聞』ともに2020年の大きな話題となった。
『呪怨』にてJホラー表現の新境地を拓いた清水崇監督は『犬鳴村』(2019年)の大ヒットに続き、『樹海村』(2021年)の公開も控えている。両作とも一般的には「都市伝説の映画化」とのみ言及されるが、より厳密にいえば「2000年代の2ちゃんねるの噂」をネタ元にしている。

 この流れに位置しているのが、現在公開中の映画『真・鮫島事件』だ。といっても永江二朗監督は『2ちゃんねるの呪い 劇場版』(2010年)にて、すでに「2000年代の2ちゃんねるの噂」をミックスした映画を制作している。その中から特に「鮫島事件」をピックアップしたのが今回の作品というわけだ。

決定稿_ポスター真・鮫島事件

Jホラーの新たな担い手、永江二朗監督が手がける映画「真•鮫島事件」。「鮫島事件」を原案に、オンラインやリモートといった最新のギミックも盛り込まれた令和パニック・ホラーだ。(監督・脚本:永江二朗、出演:武田玲奈ほか、製作「真・鮫島事件」製作委員会、全国公開中/©2020「真・鮫島事件」製作委員会)

 では「鮫島事件」とはなんだったかを、私なりの考察とともに紹介しよう。

この続きをみるには

この続き: 5,265文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で2020年12月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。